HOME > クリニック概要 > 理事長・所長挨拶

理事長・所長挨拶

理事長挨拶

理事長

予防に勝る治療なし

近年、日本人の平均寿命は著しい延びを示しています。
それは、医学の進歩と共に医療行政の充実によるものと思われます。言い換えますと、いつでも、どこでも、気軽に治療を受けられるようになった事と共に、皆さん一人ひとりが予防医学の大切さに気づきはじめてきたからであります。

 「早期に良い治療を受ける」がもはや理想ではなくなり、「症状が出る前に発見し、予防に心がけて病気にならないようにすること」が求められるようになりました。いまや「運命は神が定め、寿命は自らが決める」という時代が到来したとも言えます。

 ”予防に勝る治療なし”ヤマト健診クリニックは「いつまでも元気で長寿」をモットーに、みなさんの健康管理のお役に立ちたいと願っております。

  • 理事長

  • 理事長

所長挨拶

所長

長く健康で楽しい生活を

「血圧が高いですね」、「中性脂肪が少し高いですね」とか「血糖が高くなっていますね」といわれて、はっとしたことはありませんか?

これらの数値の高い状態は高血圧症、糖尿病といわれ、また、これらをまとめて生活習慣病と呼ばれています。 この状態が長く続きますと動脈の硬化性変化が起こりやすくなり、これが脳や心臓の血管を障害しますと、命にかかわるような不幸な結果を引き起こしてくることがあります。

これが心筋梗塞や脳卒中といわれる病気で、この両疾患によって”がん”によるものと同じくらい、人が不幸にみまわれるようになってきています。 現在、わが国では世界一の長寿国になり高齢化がすすんでいますが、生活の欧米化、飽食そして運動不足等が重なって生活習慣病で治療を受けている中・高齢者の数が次第に増加し”がん”とともに国民病といわれるようね状況になってきています。従って、健診を受けることによって異常な数値が見つかれば、取り返しがつかなくなる前に出来るだけ早く生活習慣病を改め、病気にならないようにすることが求められる時代になってきています。

また、最近これらの病気の根本に肥満、特にお腹の中に貯まる”内臓脂肪”が関与しているのではないかと言われており、この脂肪から生活習慣病の原因となる物質が分泌されていることもわかってきました。このように内臓脂肪は体に色々な悪い影響を及ぼしますが、これも日常生活のちょっとした改善で減らすことができるようです。更に、これまでからおこなわれてきた”がん”健診にも拘らず、今なお最も高い死亡率を維持していますので、生活習慣病と共にがんの健診にもより積極的に取り組んでいきたいと考えております。

当健診クリニックでは、新しい医学知識と最新の機器を用いて、快適な施設で健診を受けていただけるように、また、皆様のご希望に応えられる色々な健診項目を用意しております。
”がん”や”生活習慣病”の早期発見や予防のために定期的に健診を受け、生活習慣の改善に努めていただくことによって、出来るだけ長く健康で楽しい生活を続けていただきたいと願っております。

ページ上部に戻る